安心してお金を借りることを考えるのであれば

お金を借りるのはリスクが有ることなので、できるだけ安心して借りたいところです。そのような時にまず一番安心して借りることができる方法としては、親兄弟などに頼るという方法です。普段から険悪な関係というのでもなければ、困ったときに頼りになるのは肉親となりますから、このような間柄からお金を借りるというのが一番安心できる方法となります。高額な金利も厳しい取り立てもなく借りることができますし、多少返済が遅れるようなことがあったとしても肉親という部分で許されるところがありますので切羽詰まった状態であれば、一番いい方法となります。ただし、親兄弟といえども何でも許されるのかというとそうではなく、身内であっても金銭トラブルで仲違いをするというのは非常に多いものとなっているのであまり甘えすぎるのも禁物だといえます。

次に友人から借りるという方法もありますが、少額であればこれも安心して借りやすい方法であり面倒もないのですぐに返済できるのであれば、ひとつの方法として考えるのも悪いものではありません。ただし、この場合には親兄弟に借りるよりもトラブルに繋がる可能性は高いといえるので、人間関係が壊れてしまうリスクはしっかりと理解をして置かなければなりません。金利の負担さえ許容することができるのであれば、金融機関からお金を借りるというのが最も安心してお金を借りる事ができる方法となります。金融機関からの借入というのは返済さえしっかりしていれば人間関係が壊れるようなことがありませんし、返済が滞ってしまったとしても人間関係のトラブルに巻き込まれるということはありません。完全に返済をすることができなくなってしまえば、金利によって借金が膨らみ破綻してしまうという危険性は秘めているものの、無理なく返済をすることができるというのであれば一番安心してお金を借りることができる方法だといえます。(お金を借りる方法のまとめ)お金を借りると言うのはリスクが有ることなので、できるだけ安全に安心して借りることができる方法を選んでみましょう。

銀行からお金を借りるのはお得だけれど

お金を借りるというと、たいていは銀行か消費者金融のいずれかになるのではないでしょうか。どちらから借りようか迷う人もいるかもしれませんが、お得さからいえば断然銀行の方がおすすめですし、何よりも安心して借りることができると感じるのはごく普通の感覚でしょう。銀行からお金を借りるとお得というのは、消費者金融と比べて利率がずいぶんと低いからです。というのも、銀行の場合は預金者のお金を元手に貸し付けているので元手に対して必要なお金(つまり利子)はそれほどたくさん発生していないからです。その分、低い利率でたくさんの人に貸し付けることができれば、企業の利益も上げることができるというわけです。その一方、消費者金融には預金をする人などが特別いるわけではありません。ではどこから資金を調達しているかといえば、なんと銀行から借りて資金を作っているのです。そこには一定の利子が発生することはいうまでもありません。

その結果、消費者金融が支払わなければならない利子分を貸し付ける際に上乗せして回収しなければ、とても経営は成り立たないというわけです。また、よりまとまった額のお金を借りるとなった場合も消費者金融はやや不利となります。消費者金融の場合は総量規制の対象となっているので、利用者は年収の1/3を超えたお金を借りることができないからです。もちろん、年収がたっぷりあって1/3でも十分という場合は特に問題はありませんが、そうでない場合は消費者金融からは必要なだけ借りることはできなくなってしまいます。その点、銀行は総量規制の対象とはなっていないので、審査さえ通ればお金を借りることができるというわけです。しかし、その審査が非常に厳しいのは銀行の方です。銀行でお金を借りることができなくても消費者金融からは借りられた、ということは往々にしてあるものです。利率が低くて多額に借りられる代わりに、審査を厳しくしているともいえるのです。

学生がお金を借りる時の心配を解消

学生の中には勉強とアルバイトを両立させて日々多忙に過ごしている方も多いのですが、交友関係が広がるほど出費が嵩んでしまうので常に金銭的に余裕が無い状態の方も多いです。時には貯金も底をついてしまい、どこかでお金を借りる必要が出てくることも珍しくありません。次回の仕送りや給料日までまだ日数があるという場合は強い焦りも感じてしまうものです。学生の場合、親がまだ現役で働いているので送金して頂くという方法もありますが、仕送りしてもらっている手前追加で要求するのははばかられます。そこで、学生がお金を借りるためのカードローンがあるということを認知しておくと気持ちが軽くなるでしょう。

しかも、インターネットを使いこなすことができる今日の学生にとっては重宝する仕組みとして、ネット経由で24時間いつでもお金を借りる事ができるという魅力があります。時と場合に左右されることなくお金を借りるというのは非常に重宝する仕組みであり、日中は学校で勉強し夜はアルバイト先で仕事をしている学生には最適なシステムです。日本のキャッシング会社の中で取り分けて歴史が古く、店舗数も多い企業の場合は初回利用者に限り、30日間利息が発生しないという手厚い対応が行われています。これほど至れり尽くせりなのにも関わらず、登録時に必要な情報はウェブ上で管理できる利用明細の登録とメールアドレスのみです。そして、学生がお金を借りる際何よりも気がかりになってしまうのが、親御さんに対して連絡がいってしまうのではないかということです。遠く離れた土地で一人暮らしを行い、学校に通っている子供がキャッシング会社にお世話になっているという事実は衝撃的なものです。そのため、企業側は親に連絡することはないですしアルバイト先に対して行われる在籍確認についても知人を装ってくれます。こうした点からわかるように、周囲の方に対して一切心配させてしまうことなくお金を借りる準備ができます。

お金を借りる掲示板では利用しない方がよい理由とトラブルの種類

インターネットを利用していると、掲示板サイトがいくつもあり、そこで好き勝手にあることやないことを書き込んで、その反応を楽しんでいるというケースが多く見られます。中には有益な情報、やり取りもあり、参考になることも多々ありますが、そんな中、掲示板の種類の1つとしてお金を借りる掲示板というものが存在します。通常、お金を借りる場合、今現在借金があるかどうか、返済しているかどうか、収入がどれくらいあるかということを調査し、お金を貸しても大丈夫かどうかを見極めてからお金を貸し出すというのが一般的ですが、返済能力を調べる調査をせずに、お金を貸す、お金を借りるといったことができるようになるのが、その掲示板の特徴です

お金を借りる掲示板のメリットとしては、総量規制に引っ掛かっていたり、消費者金融のブラックリストに入っていたりしてもお金を借りることができるというものです。債務整理などをすると、消費者金融からお金を借りることは一定の期間において出来なくなります。とはいえ、どうしてもお金が必要になることもあり、そうした時にお金を借りる掲示板などで打診をし、条件に見合った人と連絡を重ねて、お金を借りることができます。一方で、こうしたサイトは利用しない方がよいという意見もあります。それは、掲示板で提示した個人情報、免許証のコピーなどが悪用される可能性です。免許証のコピーは身分証としては強力なものです。これを利用して様々なことをすることができ、その分、悪用されてしまいます。トラブルでも、免許証のコピーを使ってペーパーカンパニーを作られ、自分の名義が使われている、自分の名義の偽造カードが出回っているなどです。また、他のトラブルとしては、個人情報をつかんだことをいいことに、それを脅しの道具にして、バラされたくなければ金を用意しろと脅迫に使われる可能性もあります。いずれにせよ、こうしたサイトはなるべく使わないことが大事です。

キャッシングで一度に多くの会社に申込をするのを控える方が良い理由

キャッシングの申込をしている方々は、たまに同時に申し込んでいます。1つの会社だけでなく、複数の会社に申し込んでいる方もいらっしゃるのですね。 そもそも金融会社は、非常に多くの数があります。

銀行だけでも相当多くの数がありますし、賃金業者なども同様なのですね。 そして人々の中には、とにかく確実に借りたいと思っている方もいらっしゃいます。何か事情があって、一刻も早く資金を確保したいので、複数のところで申し込んでいる方も珍しくありません。

しかし、正直それは避けた方が良いでしょう。なぜなら申し込んでいる会社の数が多いと、残念ながら落とされてしまう確率が高まります。 金融会社では、申込者に対するチェックを行うのです。チェックの段階で何も問題がなければ借りる事ができますが、何か問題点が発覚した時には、少々難しくなる傾向があるのです。

そのチェックの基準には色々あって、その1つが他の会社で申し込んでいる件数になります。あまり多くの会社で申し込みをしていると、少々難しくなる傾向があるのです。

例えばAさんという方は、金融会社Bに申込をしている時に、既に同時に3つの会社に対する申込の手続きを行っていたとしましょう。それに対してCさんの場合は、B社だけに申込をしているとします。AさんとCさんを比べると、Cさんの方が借りやすいのです。というのも金融会社としては、件数が少ない方を優遇している傾向があります。あまり多数の会社で申し込みをしている方の場合、「よほど経済的に困っているのではないか」と疑われてしまう事が多いのです。それで落とされる確率が高まる訳ですね。

ちなみに金融会社には、申し込みの件数を確認するシステムがあります。パソコンを用いたシステムで、それが簡単に確認できるようになっているのです。
ですので、この融資商品で申し込みをする時には、一気に多くの会社に対して申し込みを控える方が良いでしょう。複数の会社というよりも、せいぜい2社程度に絞り込みをする方が良いです。

私の恥ずかしい経験ですが役に立てばうれしいです(体験談)

実際に私がキャッシングを利用した時にいろいろ調べたことの一部を書かせていただきます。私がキャッシングしようと思った動機はすごく不純で今思い出してもすごく幼稚だったなと深く反省しております

私がキャッシングしようと思った理由は好きなバンドの追っかけです。しかもメジャーデビューなどもしていない地元バンドです。たまたまデパートでインストアライブをしていたバンドのドラムに一目惚れしてしまい、たまたま2回目のインストアライブで話せた時に名前まで覚えてもらっていて浮かれあがった私は彼らがどこかでライブをするたびに追っかけてプレゼントも毎回買っておりました。彼らはさすがに毎回はプレゼント用意しなくていいよ。と言ってくれましたが、なぜか貢いでいる自分がいました。今はもう完済しておりますが、あの時はひどくバカだった自分を反省しております。

当時の私は成人したばかりで一応正社員で働いていたのですが毎週何回も追っかけていましたので出費が追い付かずに3つのところでキャッシングしました。
人様に言えませんが一番はモビットさんがおすすめです。名前を出していいのかわかりませんが30万円までなら職場への在籍確認がなかったのです。私に見たいに周りにばれたくない人には本当におすすめです。

また、プロミスさんも親身になってお話を聞いてくれますし期限1週間前には電話で教えてくれますので慌てることなく返済ができていましたしきちんと返していると、限度額を上げてくれたりなどもしてくれていましたので私的にはこの2店舗さんにはすごくお世話になっていました。

そのほかにも様々な会社はありますがどれも共通して言えるのはまずはインターネットで自分がキャッシングできるかどうかを審査したほうがいいです。または本人確認で何がいるのかを調べておいたほうがいいです。免許がない方はパスポートや年金手帳の提示をお願いされることもありますのできちんと前もって調べ他方がいいと思います。

キャッシングではどのような時に給料明細が必要か

金融商品を利用するとなると、書面が求められる事が大変多いです。銀行の口座を作成する時にも、窓口にて書面を提出する事になるでしょう。それは金融商品全般に対して、共通して言える事なのです。 そして、借りるタイプの商品もそれは同様です。いわゆるキャッシングなどの商品では、必ずと言って良いほどその書面が求められます。

ところでその借りる商品で求められる書面の1つに、給料明細があるのです。会社から発行されている給料の数字が記載されている書面ですが、それが求められるケースも稀にあるのです。 なぜなら人によっては、特別な目的のために多くの金額を希望しています。数百万などまとまったお金が必要になっている事例も見られるのですが、そのような時には前述の給料明細が求められるケースが一般的です。

というのも多くのお金が動くとなると、金融会社としてもしっかりと状況を確認する必要があります。それで申し込み希望者がどのような給料の状態になっているかを確認したい意図があるので、最近発行された給料明細が求められる事が多々あるのです。 ちなみにその明細を提出する方法は、会社によって色々です。郵送によって提出する方法もあれば、会社によっては画像をアップロードして提出できます。それぞれの会社によって、送付方法は様々異なる訳です。

ところで上記のような給料明細は、あくまでもまとまった資金が必要な時に求められる事が多いです。それほど多くの資金を借りるような状況ではない時には、それが求められない事も多々あるのです。

例えばある金融会社では、50万が基準の1つになっているのです。48万や30万などであればそれを準備する必要はありません。しかし50万以上の金額となると、それが必要になるのです。あくまでも多くのお金が必要な時のみ、提出が必要になる訳です。ですので50万や数百万などまとまったキャッシングを求めているならば、給料明細は必ず用意するべきでしょう。

年利2,000%という恐るべきキャッシングの手数料

金融関連の会社というのは、よく選ぶ必要があると思います。先日私は、それをあるYouTubeの動画で実感したのですね。実に興味深い話を動画で見た覚えがあるのです。 ある方に対して、ちょっとメールが来ました。

その内容だったのですが、融資可能ですとの話だったようなのです。それでその方は、そのメールの連絡先に電話をしてみたのだそうです。 その動画では、色々と口頭でのやり取りが行われていました。そして最終的には、支払いの話になっていたのですね。金融業者の担当者からは、その電話をかけた方に対して、数日でどれ位の手数料が発生するかが話されていたのです。そして、その金額を聞いて私は仰天してしまいました。

まずその方がキャッシングで借りようと思っていた額は、1万になります。そしてその担当者から伝えられた話によると、10日以内に返すことができれば、2万で済むのだそうです。 つまり10日間で、1万円もの手数料が発生する事になります。1年間ではありません。10日間ですね。わずか10日でそれだけ多くの手数料が発生する会社は、どう考えても法的が問題があるでしょう。ちなみに結局は上記の方は、その会社から借りるのは止めたようなのですが。 10日間で換金が2倍になってしまう訳ですから、明らかに法的に問題がありますね。いわゆる闇金に該当するのでしょう。

ちなみにその手数料を冷静に計算してみたところ、驚くべきパーセンテージになっている事が発覚しました。実に便利2,000%になるのですね。100や200などではなく、2,000なのです。明らかに法律上触れている会社と言えるでしょう。 キャッシングの中には、残念ながらそのようなタイプも稀にあるようです。上記の方の場合は、メールでその案内を受け取っていますね。ちなみに全く見知らぬ金融会社から、そのようなメールを受け取ったようなのですが。ですので無闇にそのようなメールで、申込はしない方が良いでしょう。あくまでも信頼できる会社とお付き合いをしたいものですね

サラ金などからのキャッシング・・・簡単に考えていると痛い目に。

今から約9年ほど前に初めてキャッシングを経験しましたが、まず驚いたのが
「こんなに簡単に金が借りれるのか!」 思わず笑みがこぼれる程でした。最終的に完済するまでに約8年掛かりました。 金額は元金50万。アコムです。
それに利子やら遅延損害金など含めたら恐ろしい額にまであっという間に膨れ上がりました。

当時仕事こそしていたもののパチンコ屋に入り浸っては負け続ける毎日でとにかく金が無かったのです。 そこで物は試しと当時CMでもやっていたアコムのむじんくんに入ってみました。 友達や身内に金の無心をするより合法的にしかも誰にも会わないで金を借りれるならそんな楽な事はないと。

今考えるとなんて無知で世間知らずなのだろうと。 むじんくんに入るとまず街にある証明写真のボックスの様な物があります。 そこに入ってなにやらガイダンスに従って書類に書き込んだ記憶があります。 内容は他の金融業者と変わりはないですね。個人情報はもちろん勤め先やら年収やら。 所要時間は恐らく1時間も居なかったです。

そしてその日にさっそく5万円キャッシング。 その金を持ってパチンコ屋に行き、無くなればまたチョコチョコとキャッシング。 それで毎月決められた額さえ返していればいいんですから簡単ですよね。 しかしとにかくいい加減な私はキャッシング額が増えていけばその分利子も増えるという事を全く考えていませんでした

もともとギャンブル好きの私が毎月決められた額をキチンと取って置けるはずもなく残った物は満額まで引き出したキャッシングの借金50万とカードだけでした
まぁそのうちどうにかなるだろうとしばらく放って置いたのですがまぁ来るわ来るわ督促状の嵐。 もう流石に逃げられないと電話をかけてみれば幾らかは返したはずの元金も全く意味なし。

積もった利子と遅延損害金で約80万。しかも一括で返してくださいとの事。 やむなく弁護士さんに相談して任意整理をする事にしました。

それから毎月3万づつの返済で去年にやっと返し終わる事が出来ました。 借りる時なんてものの数か月ですが、返すとなると数年下手をすれば数十年になってしまいますね。 もしもお金を借りるならばしっかりとした目的と返済プランが無いと色んな意味で損をします。 そして、借りる前に本当に必要な金なのか?もう一度考えて見る事も大切です。