銀行からお金を借りるのはお得だけれど

お金を借りるというと、たいていは銀行か消費者金融のいずれかになるのではないでしょうか。どちらから借りようか迷う人もいるかもしれませんが、お得さからいえば断然銀行の方がおすすめですし、何よりも安心して借りることができると感じるのはごく普通の感覚でしょう。銀行からお金を借りるとお得というのは、消費者金融と比べて利率がずいぶんと低いからです。というのも、銀行の場合は預金者のお金を元手に貸し付けているので元手に対して必要なお金(つまり利子)はそれほどたくさん発生していないからです。その分、低い利率でたくさんの人に貸し付けることができれば、企業の利益も上げることができるというわけです。その一方、消費者金融には預金をする人などが特別いるわけではありません。ではどこから資金を調達しているかといえば、なんと銀行から借りて資金を作っているのです。そこには一定の利子が発生することはいうまでもありません。

その結果、消費者金融が支払わなければならない利子分を貸し付ける際に上乗せして回収しなければ、とても経営は成り立たないというわけです。また、よりまとまった額のお金を借りるとなった場合も消費者金融はやや不利となります。消費者金融の場合は総量規制の対象となっているので、利用者は年収の1/3を超えたお金を借りることができないからです。もちろん、年収がたっぷりあって1/3でも十分という場合は特に問題はありませんが、そうでない場合は消費者金融からは必要なだけ借りることはできなくなってしまいます。その点、銀行は総量規制の対象とはなっていないので、審査さえ通ればお金を借りることができるというわけです。しかし、その審査が非常に厳しいのは銀行の方です。銀行でお金を借りることができなくても消費者金融からは借りられた、ということは往々にしてあるものです。利率が低くて多額に借りられる代わりに、審査を厳しくしているともいえるのです。